小説家になろう のアクセス・ブックマークを増やす方法②

前回の小説家になろう のアクセス・ブックマークを増やす方法①に続いて二回目です。

小説投稿サイト「小説家になろう」サイトに自分の作品を投稿していて、アクセスやブックマークがなかなか増えずに悩んでいる方、小説を書くモチベーションが下がってしまった方に、私がアクセス・ブックマークを増やすために実践した方法をお伝えします。

 

投稿時間を工夫しよう

前回のタイトルとあらすじの見直しに続いて、今回は作品を投稿する時間帯のお話です。

「小説になろう」サイトで新しい作品を初めて投稿するときに、作品を多くの人に知ってもらうことが出来るのは、サイトのフロントページの「新着の短編小説」、「更新された連載中小説」の欄です。
そこでは、新人も古参の投稿者も関係なく、サイトを訪れた人に表示された作品のタイトルを見てもらうことが出来ます。
なにか新しい面白い作品はないかと探している読者にアピール出来る、新人には貴重な場所です。
ある程度ブックマークが増えて読者がついてくれた作品は、更新すれば読者の方から作品を見に来てくれますが、新人はそうもいきません。
そこで、この欄でタイトルを見て興味を持ってもらうことが大事なのです。

そのため、この欄でより多くの人に作品のタイトルを見てもらう必要があります。

そこで、

  • 予約投稿はしない。
  • 投稿時間を考える。

以上の2点に気をつけて作品を投稿しましょう。

まず、「予約投稿はしない」という点ですが、作品を投稿する時間を前もって指定できる「予約掲載設定」は、便利な機能なのですが、時間が1時間ごとにしか設定できず、毎時の00分に投稿されるため、その機能を使っている作品が00分に集中して作品が埋もれてしまいます。
「更新された連載中小説」の欄に載らずに流れてしまうこともあります。
すでにたくさんの読者を抱えている作品ならいいのですが、新しい作品の場合は絶対にそれを避けたほうがいいです。
多くの人にタイトルを見てもらうために、なるべく手動で投稿しましょう。

そして、投稿する時間帯の方ですが、ずばり、平日の16時から19時あたりが最適だと思います。

私自身が作品を投稿しているアクセス解析を見ると、読者が多い時間帯は、平日の朝7時から9時、16時から19時、そして、平日、休日問わず20時から23時あたりです。

それでは、なぜ、その中から平日の16時から19時あたりかというと、まず、平日の朝7時から9時の時間帯は、リピーターの読者が通勤通学の時間帯に読んでいて、新規に入って来る読者はあまりないようなのです。
朝の忙しい時間帯に、わざわざ新しい作品を探す人はあまりいないのかもしれません。
既にブックマークしている作品が更新されているか確認して、通勤通学の電車の中などで読んでくれているのでしょう。
それなので、新しい作品を知ってもらう投稿には適した時間帯ではありません。

そして、平日、休日問わず読者が多い、20時から23時の時間帯ですが、こちらは読者も多いですが、投稿者が多くて、これも新人の作品が埋もれてしまいがちです。
「更新された連載中小説」の欄でもあっというまに流れてしまいます(しかし、その分読者も多いので、この時間の投稿も否定はしませんが)。

以上の点から、平日の16時から19時辺りが、まだあまり読者を得ていない作品の投稿時間に適しているのです。

平日の16時から19時の辺りは、読者のかたも、仕事や学校が終わって、さて、これから面白い作品でも探してみようかと、朝の時間帯よりもそういう意欲が高いと思われます。

もちろん、みんながそう考えだしたらこの時間帯に作品が集中して、逆に20時から23時台が手薄になるかもしれません。
その辺りは、アクセス解析や「更新された連載中小説」の掲載数を見ながら調整していくことが大切です。

とにかく、一人でも多くの読者の目に留まって、タイトルからあらすじ、本文、ブックマークという流れに乗ってもらいましょう。
その中にスコッパーさんがいたり、たくさんの読者を抱えている作者さんがいて、ある日突然、爆発的にアクセスやブックマークが増えることがあります。
そのためにも、「更新された連載中小説」の欄に長く載ってタイトルを見てもらうことが大切です。

  • 予約投稿はしない。
  • 投稿時間を考える。

この点に注意して投稿してみましょう。

 

小説家になろう のアクセス・ブックマークを増やす方法③

<Sponsered Link>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA