HJネット小説大賞2019の結果が発表されました

今回で第三回目を迎えた「HJネット小説大賞2019」の結果が発表されました。
HJネット小説大賞は、ホビージャパンの小説レーベル「HJ文庫」と「HJノベルス」が、小説投稿サイト「小説になろう」と共催するコンテストです。

応募総数3356作品の中から、大賞を含めて6作品が受賞しています。

結果は以下の通りです。

大賞:「夢見る男子は現実主義者」おけまる

受賞:「時給12億円のニート参上! 
     使っても無くならない財布を拾ったけど、お金の使い方が分かりません」天野優志

   「Magica Technica ~剣鬼羅刹のVRMMO戦刀録~」Allen

   「モブから始まる探索英雄譚」海翔

   「迷宮メトロの糸繰り狩人~目覚めたらダンジョン深層で最強職でヒロインはリス~」
                                     佐々木ラスト

   「史上最高の天才錬金術師はそろそろ引退したい」御子柴奈々

受賞者のみなさん、おめでとうございます。

受賞した各作品は、2020年以降、順次出版予定です。

応募総数は、第一回の1933作品、第二回の2232作品、そして今回は3356作品と一気に1000作品ほど増えています。

<Sponsered Link>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA