第10回 京都アニメーション大賞

「涼宮ハルヒの憂鬱」や、「けいおん!」などで有名なアニメ制作会社、京都アニメーションが主催する小説賞です。
大賞作は京都アニメーションのライトノベルレーベル「KAエスマ文庫」から出版されます。

第9回の募集が見送られ、第10回でリニューアルして再開することが予告されていましたが、その募集が開始されました。

京都アニメーションの小説賞だけあって、アニメ化される作品を多く生み出しています。
アニメ化された作品でいうと、「中二病でも恋がしたい!」や、「境界の彼方」、「ハイ☆スピード!」(Free!の原案)、「無彩限のファントム・ワールド」などがあり、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が2018年にオンエア予定です。

このようにアニメ化に直結する一方、審査は厳しく、過去8回の開催で大賞は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の一作のみ、そして、第3回と第6回は受賞作「なし」でした。

リニューアルした今回、大賞は文庫化・アニメーション化決定とあり、大賞に選ばれた場合、デビュー作がいきなりアニメ化決定、ということになりそうです。

応募要綱

  • 締切:2018年5月末日(当日消印有効)
  • 字数:42字×34行で50~150枚
  • 応募資格:年齢、プロ、アマ問わず
  • 応募方法:郵送または、公式サイトからデータで応募
  • 選考委員:京都アニメーション・アニメーションDoスタッフ
  • 発表:2018年冬頃(2018年~19年の冬)公式サイト上で発表
  • 賞金:大賞  100万円 アニメーション化・文庫化決定
       激励賞 50万円 アニメーション化・文庫化候補
       KAエスマ賞 10万円 文庫化候補
  • 公式サイト:http://www.kyotoanimation.co.jp/kyoani_award/

傾向

  • 前回受賞作品 奨励賞 「二十世紀電気目録」結城弘

出身作家

  • 虎虎「中二病でも恋がしたい!」
  • 鳥居なごむ「境界の彼方」
  • 秦野宗一郎「無彩限のファントム・ワールド」
  • 暁佳奈「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

<Sponsered Link>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA