星海社FICTIONS新人賞

星海社のWebサイト「最前線」で募集している小説賞です。
星海社は講談社100%出資の子会社で、「最前線」の編集長は、講談社BOXなどのレーベルを立ち上げた太田克史氏が務めています。

通年募集の新人賞ですが、4ヶ月毎に締切を設けて審査し、それ以降に届いた作品は次回に繰り越されます。
優秀作品は「最前線」に掲載、また、星海社FICTIONSより出版されます。

編集者の選考座談会の様子が「最前線」のサイトに掲載されますが、それがかつての「メフィスト」の座談会のような雰囲気です。
賞金額が「星海社FICTIONS」の一年間の全売上げの1%を年間の受賞者数で割った額など、色々とユニークです。

応募要綱

  • 次回締切:2019年4月8日(月)(通年募集で、4ヶ月毎に区切って審査されます)
  • 字数:400字詰原稿用紙換算で300枚以上
  • 応募資格:プロアマ不問(応募は一回の募集につき、一人一作品に限る)
  • 応募方法:郵送(プリントアウトした原稿と、データをCD-RやUSBメモリで送付)
  • 発表:2018年8月3日締切回の受賞作は、2018年10月に発表
  • 賞金:「星海社FICTIONS」の一年間の全売上げの1%を、年間の受賞者数で割った額
  • 公式サイト:http://sai-zen-sen.jp/publications/award/new_face_award.html

<Sponsered Link>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA