講談社ラノベチャレンジカップが、講談社ラノベ文庫新人賞に統合されます

講談社のライトノベルレーベル、講談社ラノベ文庫が開催していた「講談社ラノベチャレンジカップ」が、2018年10月31日締切の第8回をもって終了し、「講談社ラノベ文庫新人賞」に統合されます。

今まで、講談社ラノベ文庫の新人賞は二つが開催されていて、「講談社ラノベ文庫新人賞」が応募資格不問、「講談社ラノベチャレンジカップ」が、デビュー経験があると応募出来ませんでした。

このチャレンジカップがラノベ文庫新人賞に統合され、ラノベ文庫新人賞は年二回の開催になって、賞も拡充されるようです。

ちなみに、前回の応募数ですが、「講談社ラノベ文庫新人賞」は432作品、「講談社ラノベチャレンジカップ」は502作品でした。
今までは前者が5月10日締切、後者が10月末日締切だったのですが、締切が同じであれば、だいたい半年毎の募集になります。

元々、「講談社ラノベ文庫新人賞」は大賞の賞金が300万円と、ライトノベルの新人賞賞金額ではトップクラスだったのですが、統合されたあとはどうなるのでしょうか?

現在、「講談社ラノベ文庫新人賞」は第10回の募集が行われており、その締切が2019年5月10日となっていて、リニューアルした新人賞の詳細はその翌日、2019年5月11日の発表予定です。

<Sponsered Link>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA