Project ANIMA「SF・ロボットアニメ部門」小説選考

DeNA、文化放送、創通が共同でTVアニメシリーズを制作するプロジェクト、「Project ANIMA」が、来年、2018年2月からコンテストを開催します。
2020年代を代表する作品の創出をめざすとともに、次世代を担うアニメ作家を幅広く募集ということで、募集形式は、小説選考、脚本選考、マンガ選考、企画書選考、イラスト選考、動画選考の6部門からなります。

第1回のテーマは、「SF・ロボット(メカ)をテーマとした作品」で、世界観やコンセプトは自由。
募集期間は、2018年2月1日から4月15日で、応募フォームは後日オープンということですが、小説選考は小説投稿サイトエブリスタで応募する形式になると思われます。
10,000文字以上の小説本編(未完結でも可)、もしくは3,000文字以上のプロット(完結必須)ということで、参加予定の方は、募集が始まるまでに早めに準備をしておきましょう。

応募作品は、サテライト・J.C.STAFF・動画工房といったアニメスタジオがTVアニメ化するほか、書籍、マンガ、ゲームなど、さまざまなメディア展開がなされます。

追記:
正式に募集が始まりました。
応募要項などは、こちらをご覧ください

公式サイト
https://project-anima.jp/

 

<Sponsered Link>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA