第13回 MF文庫Jライトノベル新人賞 最終結果発表

第13回MF文庫Jライトノベル新人賞の、最終結果が発表されました。
MF文庫Jライトノベル新人賞は、一期から四期まで、年4回の募集で、それぞれの募集で佳作に選ばれた作品から、最終結果が発表されます。
その最終結果が、8月25日に発表されました。

今回は大賞は出ませんでしたが、6作品が受賞しています。
応募総数は1930作品で、前回の第12回の1590作品から、かなり増えました。
MF文庫Jライトノベル新人賞は、ここのところ1500作品くらいの応募数で推移していましたが、2000作品に届く勢いです。一気に500作品近く応募数が伸びています。

そして、6作品中、4作品のジャンルがラブコメというのも特筆すべき点ではないでしょうか。
昨今の、異世界、ファンタジー作品が主流の時代から、またラブコメ作品が隆盛を極めるのでしょうか?
興味深いところです。

以下に、受賞作品と作者名を記します。

最優秀賞:「僕の知らないラブコメ」くそたわけ
優秀賞:「絶カノ(甘口)』」銀乃英介
審査員特別賞:「ポンコツ勇者の立身出世」藤川恵蔵
審査員特別賞:「好感度100から始まる毒舌美少女攻略ライフ」零国祥人
佳作:「幼女探し」青空雲
佳作:「AI少女と同期した俺のクソゲー攻略ログ」久追遥希

なお、第14回MF文庫Jライトノベル新人賞の募集はすでに始まっていて、第二期の締切が9月30日です。
詳しい応募要領などは、こちらをご覧ください。

公式サイト:http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/award/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA