第1回ファミ通文庫大賞の最終選考結果が発表されました

『エンターブレインえんため大賞 ライトノベルファミ通文庫部門』からリニューアルした、『第1回ファミ通文庫大賞』の最終選考結果が発表されました。

応募総数2391作品、一次選考通過158作品、二次選考通過31作品、そして、最終選考12作品の中から、4作品が受賞しています。

結果は以下の通りです。

 特別賞:『おばあちゃんは冒険者』 佐月 詩

 特別賞:『クラスメイトゲーム カルネアデスの教室』 勅使河原あねも

 優秀賞:『魔王の冒険者育成生活!』 心裡

 ゲームノベル特別賞:『悪役腐令嬢様とお呼び!』 節トキ

受賞者の皆さん、おめでとうございます。
受賞作は2020年初頭に刊行されます。

応募総数2391作品で、前身の「エンターブレインえんため大賞 ファミ通文庫部門」の最終回の応募数、520作品から大幅に増えました。応募形態が小説投稿サイト「カクヨム」上での募集に変わったことが大きな原因なのかもしれません。
受賞作品は「カクヨム」上で公開されていて、第2回の開催も予告されているので、応募を考えている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

結果発表ページ:https://kakuyomu.jp/info/entry/famitsu2019_result

<Sponsered Link>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA