講談社の小説投稿サイト「セルバンテス」がオープンしました

2019年2月25日、講談社の小説投稿サイト「セルバンテス」がオープンしました。
2018年12月25日から、作品投稿だけが出来るプレオープンの状態でしたが、正式オープンしたことにより、作品の閲覧も可能になっています。

「セルバンテス」は、講談社のネクストファンタジー専門レーベル「レジェンドノベルス」の事業主体である講談社新企画開発チームが独自に開発・運営する小説投稿サービス。

「レジェンドノベルス」は、「小説家になろう」などの小説投稿サイトの作品を書籍化するレーベルで、ネクストファンタジーを標榜し、30代や40代の、かつてライトノベルを読んでいた層にもターゲットを広げています。

講談社の小説投稿サイトといえば、すでに、トークメーカーから引き継いだ「NOVEL DAYS」がありますが、それと合わせて、このサイトではどのような棲み分けがされていくのでしょうか。
小説投稿サイトの作品を書籍化するレーベルが小説投稿サイトを運営するということで、人気作品が書籍化に直結するのでしょうか。

小説投稿サイトは、最大手の「小説家になろう」や、新興の「カクヨム」などがあるなかで、最後発となりますが、注目していきたいと思います。

〈セルバンテスのホームページ〉

https://cervan.jp/

<Sponsered Link>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA